LCCの成り立ち

ローコストキャリアの略であるLCCは、昔から日本にあったサービスではありません。 2007年から本格始動したサービスであって、揺れ動く世界情勢からくる不景気との相性が良いサービスともいえるでしょう。 航空機での移動は、考え方によってはステータスの象徴であって、飛行機から豪華や上質というようなことを思い浮かべる人も多いはずです。

しかし、LCCはそんな飛行機の持っているイメージとは対照的で、無駄を徹底的に省いたシンプルなサービスになります。 だからこそ格安での運行が可能となっていて、通常の航行会社が提供するようなベーシックなサービスが付加されていないことも多いです。 人件費の削減はもちろんのこと、これまでは当たり前とされてきた機内サービスをカットすることによって、低コストを実現することに成功しているのです。

日本でのサービスが開始された当初は、サービスに質を求める客とのトラブルなども見受けられましたが、LCCはコスト意識の高い現代人に受け入れられる傾向にあり、急速に浸透していきました。 使いこなすことができれば、頻繁に航空機での移動を繰り返すビジネスマン等には役立つサービスなので、その特徴を把握しておくと便利なのではないでしょうか。

こちらのサイトでは、そんなLCCについての詳細を解説していて、主にLCCの歴史ついての部分に着目して解説しております。 今では当たり前になったLCCの歴史について学ぶ際に皆様のお役に立てていただければと思っております。

Copyright © 2014 LCCはいつごろから始まったのか All Rights Reserved.